"音楽"の記事一覧

ミック・ジャガー(ROLLING STONES)

コロナウイルスの影響で予定されてたUSツアーが延期となったローリング・ストーンズ。 もちろんストーンズだけではない。 軒並み世界中でライヴが中止。 STAY HOME! が世界の合言葉。 なかなかそうもいかない、今の日本の現状ではあるが。 さて、そんなストーンズのミック・ジャガーを全64ページにわたって大特集したロッキ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

The1975 スパーソニック(SUPERSONIC)と 新型コロナウイルス(COVID-19)

毎年恒例の夏フェスSUMMERSONIC(サマソニ)は、東京オリンピックが予定されていたため今年は行われなことが決まっていた。 その代わり、時期をずらしオリンピック終了後の秋に、SUPERSONIC(スパソニ)というフェスが行われることとなり、僕たち音楽ファンはホッと胸を撫でおろしていた。 そして先日、そのスパソニの出演者第一弾発表…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ローリング・ストーンズ 「YOU CAN’T ALWAYS GET WHAT YOU WANT」

僕がこよなく愛するローリング・ストーンズの特に大好きな曲のひとつに「無情の世界」(You can't always get what you want)という曲がある。 1969年に発表されたアルバム『レット・イット・ブリード』に収録されている曲。 僕がこの曲を初めて聴いたのは『レット・イット・ブリード』収録ののオリジナル・ヴァージ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2010年代ベストアルバム

ロッキングオンの3月号で2010年代(2010-2019)のベストアルバム100枚をセレクトしていた。 順位はついていなかったが、 え!? そうなの?? って感じだった。 ロッキングオン 2020年 03 月号 [雑誌]posted with amachazl at 2020.03.22ロッキングオン (2020-02-0…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ニルヴァーナ ~グランジとブリットポップ

リアルタイムでニルヴァーナを聴いていた90年代(特に前半)、アメリカを中心に海外ではグランジが音楽シーンを席巻していた。 しかし日本ではアメリカほどのムーブメントにはならなかった。 90年代中盤からのブリット・ポップ・ブームの方がはるかに大きなムーブメントとなった。 90年代の日本は、バブル崩壊後とはいえ、まだそれなりに楽観的な空…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース 『WEATHER』

明るい話がない今日この頃でございます。 これから日本経済は著しい凋落の季節を迎えるのではないだろうかとも思っています。 お先真っ暗な気分です。 消費増税するっと言ってる党を選挙で勝たせたんですから仕方ないでしょう。 それに加えコロナウイルス騒動。 これは感染症なので仕方がない、誰のせいでもない。 対応に問題があったとしても、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オジー・オズボーン 『ORDINARY MAN』

オジー・オズボーンがパーキンソン病であることを公表し世界中が心配していた。 予定されていたツアーもキャンセルされた。 そんな中リリースされたニューアルバム『オーディナリー・マン』。 これが、これが、 とてもカッコよいロックアルバムなのだ! アルバムは、レッチリのチャド・スミスや、ガンズのダフ・マッケイガンも参加した、ドライ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ミス・アメリカーナ』 テイラー・スウィフト

NETFLIXでテイラー・スウィフトのドキュメンタリー作品『ミス・アメリカーナ』を観た。 ネットフリックスはこれまで、キース・リチャーズやボブ・ディランなどの音楽ファンにはとても興味深いドキュメンタリーを作ってきた。 それらの作品がそうだったように、この『ミス・アメリカーナ』も観るべきものがたくさん詰まっている。 冒頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デヴィッド・ボウイ 「Stay'97」

先日『ジョジョ・ラビット』という映画を観た。 ナチス時代のドイツを10才の少年の視点で描いた物語。 これ、とてもオススメ! その映画でデヴィッド・ボウイの「ヒーローズ」のドイツ語バージョンが流れるのだが、これがまたムチャムチャ良かった!! そんな矢先デヴィッド・ボウイの「ステイ’97」という曲が配信されたので聴いてみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コールドプレイ『EVERYDAY LIFE』

昨年末ごろから最もよく聴いているのが、何かいけ好かないクリス・マーティン率いるコールドプレイの12月にリリースされた最新アルバム『EVERYDAY LIFE』。 どうせ大したことないだろ、なんて感じで聴き始めたら、めっちゃ良かった! 思いのほか名盤だったのだ。 俺が悪かった、クリス。 このアルバムは、”サンライズ”と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステラ・ドネリー 『Beware Of The Dogs』

年末Twitterなどでよく見た一般の人たちが選ぶ2019年のベストアルバム。 そこでよく目にしたのが、このステラ・ドネリーのデビューアルバム『Beware Of The Dogs』。 このアルバム、まずジャケットが良いよね。 アナログ欲しくなる。 Beware Of The Dogs [Analog]posted with…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キング・プリンセス 『チープ・クイーン』

キング・プリンセスはブルックリン出身のシンガー・ソングライター。 デビューアルバムとなる今作は、マーク・ロンソンのレーベルよりリリースされている。 前回このブログで2019年ベストアルバムを選んだが、このアルバムはランク外とした。 でも最後まで迷ったのです、とても。 つまり、このアルバムもかなり気に入ってるのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年ベストアルバム

今年もクリスマスは何事もなく過ぎていった。 例年のようにサンタクロースは僕のもとには現れず。 イブの夜はまたしても、ひとり明石家サンタ。 そうして、あっという間に2019年も終わりを迎える。 よく言われることだが、歳をとると時間の流れが速い。 なんでなんだろうか? 今年は色々ありました。 個人的には自分で新しく商売を始…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

レックス・オレンジ・カウンティ『Pony』

僕は若い頃、渋谷陽一の影響を受けていて、彼がラジオで紹介したことが出会いとなって、そのアーティストの音楽を聴くようになったことが多々あった。 ロッキングオンも以前は毎月買っていた。 今はもうストーンズ特集と年間ベストアルバムの号しか買わなくなったけど。 で、数年前からロッキングオンを読んでいて思うんだが、 ”正解” だとか、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エディ・ヴァンヘイレン

先頃ビリー・アイリッシュがヴァンヘイレンのことを知らないという事実が話題となっていた。 年齢的には仕方ないことか。 ファンとしてはちょっと寂しいが。 RUN D.M.Cも知らんのやな~ 若いって証明やねぇ。 で今日の話はヴァンヘイレン。 それも特にギタリストのエディことエドワード・ヴァンヘイレンについて。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more