Suchmos 『THE KIDS』

去年あたりから一気にその人気を高めているサチモスの2ndアルバム『THE KIDS』がリリースされた。
先行リリースされていた人気曲「MINT」や「STAY TUNE」も入ったこのアルバムの登場で、これまでは音楽ファンの中での大きな話題だった彼らが一般の人たちの中にも浸透していくかもしれない、そんな予感をさせてくれる一枚である。
先述の2曲はラジオやテレビなどでも耳にする機会があるので彼らの存在は知らずとも、これらの曲自体は知ってる人も多いのでは。

ちまたでは”和製ジャミロクワイ”なんて言い方もされてるみたいだが、彼らのことを知らない人に説明するにはそれが一番手っ取り早い言い方かなと思っている。
もちろんジャミロクワイとは違う魅力があるんだけど、そういう部分は実際に聴いていくうちに自然と気づくもの、なので僕はあえて「ジャミロクワイみたいな感じかな」と、「サチモスってどうなん?」って会話になった時には答えている。




THE KIDS(通常盤)THE KIDS(通常盤)
Suchmos

SPACE SHOWER MUSIC 2017-01-24
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一聴して分かるように彼らの魅力はそのグルーヴ、そしてヴォーカルYONCE(ヨンス)の歌なのだが、実はその心地よいグルーヴに乗る歌詞がなかなかの毒気とユニークを併せ持つ独特なものであるというのも大きな魅力のひとつである。

オシャレPOPS的な感じの心地よさで人気を博しているのは間違いないと思うのだが、そんなパッケージに隠されたヒネクレ具合が聴きこむと快感となってくる”クセになるバンド”、それがサチモスではないだろうか。



またこのバンドはギターがちゃんと主張してるところが好き。
こういうタイプのバンドって、ギターがあまりに地味な存在だったりする場合が多い。
リズム隊とキーボードでバンドを引っ張っていくというパターンだ。
でもサチモスは違う。
もちろんリズム隊がカッコいいのは間違いないのだが、ちゃんとギターがその存在感をしっかりと証明する音作りとなっている。
ギター好きの僕としては、そこは大きなポイント。
やっぱりギターが鳴っていないと僕は物足りない。





ついついリピートしたくなるアルバムであります。
未聴の方は是非!

この記事へのコメント

JT
2017年02月04日 15:31
ご無沙汰しております、JTです。

他所のブログの記事で「サチモス」知りました。You tubeで聞いた感想をそのブログのコメントで「ジャミロクワイ」を思い起こす、って書いたのですが、あながち間違いではなかったわけですね。
そのブログ主さんは「田島貴男」を思い起こすと言ってましたが、それも思いましたね。

>このバンドはギターがちゃんと主張してる

最近ブレイクしている日本のバンドってみんな上手いですね。欧米のミュージシャンと比べても見劣りしないっていうか。「上手い」が最低条件でさらにプラスα必要みたいな。

アルバムも聴いてみようかしら。
2017年02月05日 20:22
JTさん

どうもご無沙汰です。

上手いですよね、今の若いバンド。
バンドブームの頃はけしてそんなことはなかった。
海外進出ということを考えれば上手いことが前提だからですかね。
アルバムなかなか良いですよ。
もう少しメロディの強い曲があればさらに良いのですが。

この記事へのトラックバック