BUCK‐TICK 『惡の華』(2015年ミックス版)

なんでもBUCK‐TICK(バクチク)の1990年に発売されたヒットアルバム『惡の華』がリミックスされ先日発売となったらしい。
実はバクチク結構好きだった。
この前年にギタリストの今井が薬物の使用により逮捕されツアーが中止になるなどしばらく活動停止期間があった。
しかし、その翌年まずシングル「惡の華」がリリース。
これがえらくカッコよかったのだ。
それまで人気のヴィジュアルバンドのひとつとしか感じてなかった僕だけど、この曲を聴いて思わず唸ってしまった。カッコいい!、と。
女性中心に人気があったバンドだが、男性ロックファンにも十分アピールするカッコよさを持っているバンドである。
ただヴォーカルの桜井のルックスがあまりにイケメンすぎて、どうしても女性の食いつきがよくなってしまう。
あまり女性ファンが多いと、男性はちょっと引いてしまうのが正直なところ。
インダストリアル系の音を取り入れたりオルタナティヴな面もあるサウンドは、男性ロックファンにも大きくアピールするはずなんだが。
女性ファンのパワーって凄いよね。
なので、隠れバクチクファンの男性って結構いるんじゃないかと僕は思っている。




以前一度サマソニでライヴを観たことがあるんだけど、その時は音が良くなくってあまりいいようには思えなかった。
だからもう一度観てみたいが、上述の理由もあり単独ライヴには多分行かないだろうなぁ。
なのでまたフェスなど機会があれば観てみたいと思っている。

で、『惡の華』(2015年ミックス版)であるけれど、ずいぶん音がカッコよくなってるみたいだ。
最近よくある過去の名盤のリマスター作品だと、いいサウンドシステムで聴かないとあまり違いが分からなかったりする場合があるし、リミックスだと当時から好きだった人には違和感があって、うまく馴染めなかったりすることも多い。
でもこの作品は、いい具合に変化してるように感じるんだがどうなんだろうか。




惡の華 (2015年ミックス版)<プラチナSHM> </a></td><td valign=惡の華 (2015年ミックス版)<プラチナSHM>
BUCK-TICK

ビクターエンタテインメント 2015-01-31
売り上げランキング : 383

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ジャケットもいいんだよね、このアルバム。


ただ個人的にバクチクのアルバムでイチバン好きなのは、『惡の華』の次作となる『狂った太陽』。
アルバムからの先行シングルとなった「スピード」がたまらなく大好きだ。
この曲は、90年代の日本のロックを代表する最高のシングル曲のひとつだとず~っと思っている。





ギターの今井の動きが好き。

多分アルバム『狂った太陽』もリミックスされて発売されるんじゃないだろうかと、勝手に思っている。
楽しみに待ちたい。
それにしても、デビューしてもうすぐ30年。
ずっと一線で活躍してるっと凄いなー。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック