SZA『SOS』

昨年12月突然リリースされたSZA(シザ)のニューアルバム『SOS』。 前作がとても素晴らしかったので、新作をずっと楽しみにしていてワクワクしながら聴いた人は世界中にたくさんいただろう。 僕もその一人。 期待に十分に応えてくれた今作、またしても素晴らしい傑作である。 それにしても、この今にも壊れそうな名曲の数々は、何…
コメント:0

続きを読むread more

2022年ベストアルバム

2005年から利用していたブログサービスが終了してしまい、この度Seesaaブログに引っ越してきました。 最近は更新がすっかりご無沙汰となっておりましたが、まだまだ書きたいという意欲はあるので、引き続きこちらで更新していきたいと思います。 何卒、よろしくお願いいたします。 というわけで引っ越し第一発目の記事は、年末恒例の年間ベスト…
コメント:7

続きを読むread more

60~90年代 ベスト・ロック・アルバム

レコード・コレクターズ誌が、創刊40周年スペシャルとして増刊号を発売した。 内容は、ロック・アルバム200(60~90年代)。 これまで各年代ごとに特集してきたが、それの総集編という形で、60年代から90年までの40年間のベスト・ロック・アルバム200枚をランキングし選んでいる。 評論家が選んだランキング200に加え、読者が選…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

90年代 Jポップ・ベスト・ソングス

音楽雑誌『ミュージック・マガジン』が10月号で、”1990年代 Jポップ・ベスト・ソングス100”という特集をやっている。 ミュージック・マガジン2022年10月号(amazon) これに因んで、勝手ながら僕も大好きな90年代のJポップ・ベストソングを10曲選んでみた。 シングルになってないアルバム収録曲も対象に…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

リナ・サワヤマ 『ホールド・ザ・ガール』

この夏行われたサマーソニック2022(僕が行ったのは大阪2日目)で観たリナ・サワヤマのライヴ・パフォーマンスがかなり良かった。 前日の東京でのステージについての高評価がSNS上で多く見られたので、それきっかけで観ることにしたわけだが、みんなの高評価が納得のライヴだった。 そんな彼女のセカンド・アルバム『ホールド・ザ・ガー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SUMMER SONIC 2022 大阪 8月21日

3年ぶりの開催となったサマーソニック、行ってきた。 雨も降らず、カンカン照りでもなく、比較的良い天候だったが、やはり50代ともなると年々身体へのダメージが大きくなってきてる夏の野外フェス。 今年もかなり疲れた。 しかしそんな疲れを遙かに超える楽しさが、今年もあったそんな一日だった。 40代くらいからか、興味のあるアー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

90年代ベスト・ロックアルバム(2022)

ここのところ毎号連続で各年代のロック・ベストアルバムを発表しているレコード・コレクターズ。 8月号では90年代のセレクション。 だが、このロックというカテゴライズがよく分からない。 何がロックで、何がロックでないのか? 何故これはロックの仲間に入れられて、あれは入ってないのか?? というのがあまりにも曖昧だ。 シャーデーやア…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ビヨンセ 『RENAISSANCE』

ビヨンセがニューアルバム『ルネッサンス』をリリース。 ”ルネッサンス”とは、「復活」や「再生」を意味する言葉(フランス語)。 先行でリリースされていた、ロビン・S「ショウ・ミー・ラヴ」引用のダンサンブルなクラブ・チューン「BREAK MY SOUL」を聴いて(この曲たまらん!)、ある意味イケイケなダンス度の強いアルバムになるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田拓郎 『ah-面白かった』

吉田拓郎が引退する。 先日ラストアルバムとなる『ah-面白かった』がリリースされた。 ジャケットのタイトルの文字はKinkiKidsの堂本光一によるもの。 吉田拓郎『ah-面白かった』(amazon) 堂本剛もアルバム5曲目の「ひとりgo to」に、編曲とギターで参加している。 また7曲目「雪さよなら」では小田和正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Lizzo 『Special』

リゾの3年ぶりとなるニューアルバム『スペシャル』、これがとても良い。 ポジティヴに生きようとする彼女を体現したかのような、開かれたポップ度の高い作品。 アルバム・タイトル曲「スペシャル」は元気を与えてくれます。 先行シングルだった、グルーヴィーなディスコ・チューン「About Damn Time」は実に最高! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐野元春&ザ・コヨーテバンド 『今、何処』

春にリリースされたアルバム『ENTERTAINMENT!』に続き、今年2枚目となるオリジナル・アルバム『今、何処』がリリースされた。 前作も良かったが、正直言って今作は一味違う。 一山超えた感がある。 これまで選択しなかった道を選んだかのように。 大まかな方向は何も変わってはいないけど、ルートを変えた感じ。 コヨー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボニー・レイット 『Just Like That …』

5月にリリースされたローリング・ストーンズの1977年のライヴを収めた『エル・モカンボ 1977』がいまだヘヴィローテーション状態で、ザ・スマイルもケンドリック・ラマーもまだじっくり聴けていない(何度かは聴いた、良いです!)。 飽きないのである。 最近プシャ・Tはちょくちょく気に入って聴いているけど。 そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

80年代ベストアルバム(2022年版)

レコード・コレクターズ誌が最新号で『80年代ロック・アルバム200』という特集を行ったのでつい買ってしまった。 相変わらずの、この雑誌らしいランキングで賛同できない点が多い。 なんでプリンスの『パレード』が!? とか、そんなに『リメイン・イン・ライト』がとか、色々思ってしまう。 そこで、僕もこのブログで以前(2008…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ケイト・ブッシュ「Running Up That Hill」× ストレンジャー・シングス

ケイト・ブッシュの「Running Up That Hill」が、自身初の全米トップ10ヒットとなった。 この曲は、1985年にリリースされたアルバム『Hounds of Love』収録曲で、当時はシングルとして全米チャート30位が最高位だった。 それが2022年の今ヒットに至ったのは、80年代を舞台としたNetflixの人気海外ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

21世紀 究極の名盤 2001-2021

音楽雑誌ロッキング・オンが6月号で、 総力特集 2001‐2021 21世紀 究極の名盤100 と題した特集を行った。 21世紀ポップミュージックの進化の姿を表すための名盤100枚だという。 面白そうだ。 ということで買ってしまった。 『ロッキングオン 2022年6月号』(amazon) そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more